2017年02月25日

SSO PARTIZANスーツ

SSOのPARTIZAN SUITS(パルチザンスーツ)です。
2000年代中期の装備にはやはり不可欠であると思い購入しました。







モデルチェンジを経て、現行製品はコットン/ポリエステルの混紡になっています。
いつ頃生地の素材が切り替わったのか詳しくは知らないのですが、2004当時の物はコットン100%の生地だそうです。
当時モノに拘ると値段は倍近くになってしまうのですが…face07
とはいえ、CRYE PRECISIONの何とかカスタムというようなレアなコンバットスーツみたいにべらぼうな値段ではありません。
買ったのはコットン生地の物です。

  » 続きを読む

Posted by PGN  at 18:57Comments(0)装備品ロシアFSB ALFABDU

2017年01月28日

ニーパッド

先日のバトルランド−1でのゲーム、ニーパッドなしのスタイルで参戦したのですが、やっぱりヒザ痛かったのでニーパッドを買いました。
オールドスクール装備ということもあって、ニーパッドとかないほうがカッコイイじゃん?とか思ってたんですが、あらためて画像を眺めてみるとニーパッド付けてる人もけっこういます。

買ったのはこれ。
ALTAのFLEX KNEE PADS


買うために検索してると「2個セット」という表記に気づいたのですが…
何がおかしいって、普通「左右セット」って書くじゃないですか。
こういうことなんです。
ALTAのニーパッドは「同じ物の2個セット」なんです。
ということはフックが右足は外側に、左足は内側にくるんですね。
装着してみましたがまあ、特に便利とも不便ともなかったです。


じゃあ、なんでALTA選んだの?  » 続きを読む

Posted by PGN  at 18:15Comments(0)装備品ロシアFSB ALFAタクティコゥ

2017年01月09日

SSO PARTIZAN HARNESS

SSO製 Partizan Harness(パルチザンハーネス)
古めのFSBやるなら定番(?)な代物のようです。

写真にもよく出てきます。
ところで、Google等で検索するとSbruya Partizan Harnessというのがヒットしますが、Sbruyaってなんですか?


Partizan Harnessは、SSOが2000年代中頃まで作っていたチェストリグハーネスです。
ロシア軍等で使われているチェストリグハーネスといえば、”Smersh(スメルシ)”が有名ですが、まあ似たようなもんです。
このPartizan Harnessが発展・改良を経てSmershの原型となったという説もありますし、そうではなくSmershとは全く別の系統の物だという説もあったりします。
まあいいや。

  » 続きを読む

Posted by PGN  at 15:30Comments(0)装備品ロシアFSB ALFA

2017年01月07日

FORT REDUT アーマー

旧スク装備用のアーマーを何にするか。
Defender2は知ってるけど、使ったことないのが欲しかったのでREDUTにしてみました。
これもベスラン事件頃の写真によく出てきます。


VSR、フローラ、コリアンウッドランド等があるようですが、私が買ったのはフローラ柄。
VSR柄として紹介されている物の中には色の違うものがありましたが、もしかすると褪色によるものかもしれません。

フローラがいいなと思って買ったけど、写真によく出てくるのはVSRかな・・・face04

  » 続きを読む

Posted by PGN  at 00:09Comments(0)装備品ロシアFSB ALFA

2017年01月03日

お年玉〜ロシアより愛をこめて

今日でお正月休みも終わりですが、最終日にお年玉が届きましたface05

EMS! EMS! EMS!


ゴミかよ…face07


こんなのが届きましたー!face02



中身のことはまた次回以降に・・・

  

Posted by PGN  at 18:30Comments(0)装備品ロシアFSB ALFABDU

2016年12月30日

SCARPA Zero Gravity 10 GTX

茶色系のトレッキングシューズが欲しくなったので、ちょっと探してみました。
ロシア特殊で使われている(使われていそう)なのをピックアップしてみる。

・TREZETA
 ロシア特殊部隊ではよく使われています。
 が、デザインがちょっとモダンすぎて古め装備に似合わない気がしたのと、みんな持ってそうなので面白くない気がしたのでパス。

・ASOLO
 FugitiveやFSN95、FLAMEなんかを履いているALFAの写真がいくつか出てますね。
 カッコイイし、DG装備でも使えるかなというやらしい気持ちも出てきましたが、これもマルチカムに身を包んだ隊員の写真しか思いつかないのでパス。

・SRVV
 これもCrispi Saharaとかよく見ます。
 シブいのですが、TRENCHやバトルランド辺りで使うとなるとなんか頼りない感じがしてパス。

・MERRELL
 米軍特殊ではほんとによく使われている印象のあるブランドですが、みんな持ってそうなのでパス。

・SALOMON
 もう持ってるし同じブランドのいくつも買っても面白くないからパス。

・SCARPA
 米特でもたまに見かけます。”米軍放出品”で売りに出てるのも見たこと有ります。
 ですが、あんまり知られてないのか、このブランド名が聞こえてくることがあまりありません。
 SCARPAはイタリアのブランドです。イタリア語で「靴」を指すとのこと。

そして選んだのはこちら。

  » 続きを読む

Posted by PGN  at 11:07Comments(0)装備品ロシアFSB ALFAフットウェア

2016年12月29日

HELIKON-TEX Gunfighter Jacket

ALFAの画像見てると、ちょくちょく何某かのソフトシェルジャケットを着てます。
コレだ!って特定できる物はないのですが、何かそれっぽいソフトシェルジャケットが欲しくなってきたので・・・

HELIKON-TEX Gunfighter Jacket
HELIKON-TEXはポーランドのメーカーらしいです。


カメレオンのロゴマークがチャームポイントです。


  » 続きを読む

Posted by PGN  at 22:12Comments(0)装備品ロシアFSB ALFABDUタクティコゥ

2016年12月24日

タコ

TACOマガジンポーチ・・・
ところでTACOって?
TACは "Tactical" として、O・・・
いいや

TMCのTACO "タイプ" マガジンポーチが家にあるのですが、これは保持力が弱いという悪評通りの代物でして、走ってるとマガジンが抜け落ちる仕様となっておりますface07
なもんで、放置してガラクタ箱に沈んでいました。


ですが、手元にあるVOINのTACO同型マガジンポーチはマガジンの抜き差しにちょっと力がいるくらい保持力が強いんですよね。
何が違うのか・・・
構造的には基本的に同じなんですが、どうもゴムのテンションがぜんぜん違います。
VOINのは少し太めのショックコード。
TMCのは髪を結うゴムかってほど柔らかい。

ということで、コードを替えてみることにしました。
菊五郎商店という店で安く量り売りしてたので買ってみました。


結果は・・・
写真の見た目だけでは伝わらないですが、マガジンを挿してポーチを振っても、マガジンが抜け落ちないくらいになりました。
(左:交換済み、右:TMCの元の状態)



せっかくなので、ついでにVOINのも紹介しておきます。

  » 続きを読む

Posted by PGN  at 11:48Comments(0)装備品ロシア米特SEALDIYFSB ALFA

2016年11月19日

ヘルメットの塗装

突然、「ヘルメットの内側を塗る」という啓示を受けて目がさめた。
朝から何やってんだ俺…




塗ったのはIDEALのレプリカFASTヘルメット
↓  » 続きを読む

Posted by PGN  at 11:20Comments(0)装備品ロシアDIYFSB ALFAヘルメット

2016年09月23日

TMC製 AN/PVS-15 の改修

TMC製のAN/PVS-15レプリカ。
購入時のアレコレはこちら

テカテカした樹脂製で、見るからにチープだったのでウェザリングで誤魔化していたんですが、手に取って見てみるとやっぱりウェザリング自体も汚いし塗り直そうと思い立ちました。
せっかくだからついでに、モールドでお茶を濁されているディティールに少し手を入れてみました。

まず実物の写真を観察。





塗装はインディのダークパーカーで済ませます。
色味としてはつや消しの黒に近いダークグレー調になります。
乾燥後、布で磨くと角部に使い込んだ感じのテカリを演出できます。
そして細部に手を加えて仕上がった感じがこちら。





…どこを弄ったか分からないと思いますので、こちらに詳しく書いておきます。
↓↓↓  » 続きを読む

Posted by PGN  at 13:11Comments(0)装備品米特DEVGRUSEALDIY