2017年02月19日

HK416 Crush Ring

はたしてこの隙間を気にしてる人ってそんなにいるんだろうか?という部分。

とはいえ「本物はこうなってるんだぜ」とか言われたらちょっと気になるface04



Toysoldierで買いましたけど、WARRIORSでも扱ってるみたいですね。

WARRIORSの説明によると、

10インチ仕様HK416のバレル先端の形状を再現したパーツで、一般的な電動ガンでは再現されていない部分を補うディテールアップ・パーツです。416のバレル先端の仕様は複数ありますが、この形状はSOCOM支給のHK416によく見られるタイプです。

とのこと。  » 続きを読む

Posted by PGN  at 15:44Comments(0)エアソフトガン海外製品米特DEVGRUSEALHK416

2017年02月06日

AK105のリアサイト

AK105のリアサイトを500M照準の物に交換しました。

E&LのAK105は同社製AK74M等と共通のパーツが使用されているのか、1000mサイトが付属しています。
ちなみに、D-Boys、CYMA、VFCのAK105には初めから500Mサイトが付属するようです。

実物のAK105用500Mサイトも探せば手に入るようですが、何ぶんレアなので価格もそれなりにお高いです。
が、D-Boysは単品売りしていることを最近知りました。
扱っている店舗は知りませんが、ヤフオクで検索してみたら見つかったので早速購入。



AK105はAK74とは異なり、サイトリーチは500Mに設定されています。
https://kalashnikov.com/en/product/firearms/mle/ak105.html




  » 続きを読む

2017年01月28日

ニーパッド

先日のバトルランド−1でのゲーム、ニーパッドなしのスタイルで参戦したのですが、やっぱりヒザ痛かったのでニーパッドを買いました。
オールドスクール装備ということもあって、ニーパッドとかないほうがカッコイイじゃん?とか思ってたんですが、あらためて画像を眺めてみるとニーパッド付けてる人もけっこういます。

買ったのはこれ。
ALTAのFLEX KNEE PADS


買うために検索してると「2個セット」という表記に気づいたのですが…
何がおかしいって、普通「左右セット」って書くじゃないですか。
こういうことなんです。
ALTAのニーパッドは「同じ物の2個セット」なんです。
ということはフックが右足は外側に、左足は内側にくるんですね。
装着してみましたがまあ、特に便利とも不便ともなかったです。


じゃあ、なんでALTA選んだの?  » 続きを読む

2017年01月08日

E&L EL-KT107 AEGコンバージョンキット

塗装したCYMAのAK74Mはとても気に入っていたのですが、ひょんなことからE&Lのコンバージョンキットを手に入れたので組んでみました。
AKS74MNのキット(EL-KT107)です。
買うとけっこうするんですよねface07




木製ハンドガードのAKS-74Nのキット(EL-KT105)のほうが旧スク装備には似合うのかもしれませんが、まあいいじゃないですか。
プラムカラーのハンドガード?あったら欲しいけどないし。
黒のハンドガードのほうが好きだし、余ってるストック(E&LのAK105に付いていた物)に換装すればAK74MNにも仕立てられるし。
「AK105のならハンドガードも余ってるはずじゃないか」という話もありますが…face04

  » 続きを読む

2017年01月03日

お年玉〜ロシアより愛をこめて

今日でお正月休みも終わりですが、最終日にお年玉が届きましたface05

EMS! EMS! EMS!


ゴミかよ…face07


こんなのが届きましたー!face02



中身のことはまた次回以降に・・・

  

Posted by PGN  at 18:30Comments(0)海外製品ロシアFSB ALFABDU

2016年12月29日

HELIKON-TEX Gunfighter Jacket

ALFAの画像見てると、ちょくちょく何某かのソフトシェルジャケットを着てます。
コレだ!って特定できる物はないのですが、何かそれっぽいソフトシェルジャケットが欲しくなってきたので・・・

HELIKON-TEX Gunfighter Jacket
HELIKON-TEXはポーランドのメーカーらしいです。


カメレオンのロゴマークがチャームポイントです。


  » 続きを読む

Posted by PGN  at 22:12Comments(0)海外製品ロシアFSB ALFABDUタクティコゥ

2016年12月24日

タコ

TACOマガジンポーチ・・・
ところでTACOって?
TACは "Tactical" として、O・・・
いいや

TMCのTACO "タイプ" マガジンポーチが家にあるのですが、これは保持力が弱いという悪評通りの代物でして、走ってるとマガジンが抜け落ちる仕様となっておりますface07
なもんで、放置してガラクタ箱に沈んでいました。


ですが、手元にあるVOINのTACO同型マガジンポーチはマガジンの抜き差しにちょっと力がいるくらい保持力が強いんですよね。
何が違うのか・・・
構造的には基本的に同じなんですが、どうもゴムのテンションがぜんぜん違います。
VOINのは少し太めのショックコード。
TMCのは髪を結うゴムかってほど柔らかい。

ということで、コードを替えてみることにしました。
菊五郎商店という店で安く量り売りしてたので買ってみました。


結果は・・・
写真の見た目だけでは伝わらないですが、マガジンを挿してポーチを振っても、マガジンが抜け落ちないくらいになりました。
(左:交換済み、右:TMCの元の状態)



せっかくなので、ついでにVOINのも紹介しておきます。

  » 続きを読む

Posted by PGN  at 11:48Comments(0)海外製品ロシア米特SEALDIYFSB ALFA

2016年12月23日

CYMA製AK74M(CM047)を塗装してみた

CYMAのAKを塗装しました。


使ったのは「アサヒペン 高耐久ラッカースプレー 300ML 黒」
大抵のホームセンターには置いてると思いますし、Amazonで453円で売ってます。
売り文句に「日光や雨に強く、美しいツヤに仕上がる。」とあります。
これは期待。



さて、朝早くから起きてAKをバラす。
うーん、やっぱりこの、のぺーっとしたつや消し塗装が安っぽさを醸し出してるな…



外は生憎の雨だったので車庫で作業します。
さようならシットリつや消し塗装、こんにちはテカテカ黒光りボディ。


こ、これは期待にかなう黒光り具合!



〜乾燥〜

〜ウェザリング〜


これはちょっと見、アルミと亜鉛合金製には見えない。





ついでに、プラスチッキーな樹脂パーツを、これはボディとは反対につや消しの「インディ ダークパーカー」で塗りました。
う〜ん素晴らしい、とても低級中華には見えない。



<まとめ>
アサヒペンなめてたゴメン

  

2016年12月21日

CYMA製AK74M(CM047)

あたしは故あらば低級中華でも買うのさっ!


失礼しました。
シーマ様CYMAのAK74Mを模したモデル、CM047です。
巷では「低級中華」なんて呼ばれてるCYMAですが、海外製エアソフトガンとしてはそこそこメジャーなメーカーです。


持ってる人も多いし、買う前にさらっと検索してみたらレビューもいっぱい出てきたので、ここではそういうのは割愛します。
つまり要するに面倒なのです。
すでに所有していたE&Lの製品なんかと較べると、外観はさすがにショボいやや後れをとる感が否めませんが、装備着て写真撮る分にはそんなに分からんでしょう。


とはいえ、ハンドガード、グリップ、ストックといった樹脂製パーツのプラっぽさがアレなので、余っているE&Lのパーツと交換してしまおう!


・・・と思ったんですが、構造的に無理があるのであきらめましたface04

作動確認
中華電動ガンといえば、「緑のグリスがー」とか、「買ったらまずメカボ開けてシム調整し直して」とかよく言われてます。
が、あに図らんや、なかなかどうして。
変なギア鳴きもないし、二重給弾や弾ヅマリもないし、至って軽快に動くじゃないですかface02
・・・メカボックスは壊れるまで開けないでおこう。
つまり要するに面倒なのです。

気になる初速や発射サイクルも申し分ありません。
実銃のAK74Mがだいたい650/mといいます。(wikipedia調べ)


あとは、シューティングレンジで試射して真っ直ぐ飛ぶかどうかですね。

光学サイトということで、PK-01VA
・・・は買えないので、ちょっと似てるアレを載せておくことにします。



何も弄るところがないけれど、週末暇だったら塗ります。
シットリりつや消しボディをテカテカ真っ黒ボディにしてやるぜ。






  

2016年09月23日

TMC製 AN/PVS-15 の改修

TMC製のAN/PVS-15レプリカ。
購入時のアレコレはこちら

テカテカした樹脂製で、見るからにチープだったのでウェザリングで誤魔化していたんですが、手に取って見てみるとやっぱりウェザリング自体も汚いし塗り直そうと思い立ちました。
せっかくだからついでに、モールドでお茶を濁されているディティールに少し手を入れてみました。

まず実物の写真を観察。





塗装はインディのダークパーカーで済ませます。
色味としてはつや消しの黒に近いダークグレー調になります。
乾燥後、布で磨くと角部に使い込んだ感じのテカリを演出できます。
そして細部に手を加えて仕上がった感じがこちら。





…どこを弄ったか分からないと思いますので、こちらに詳しく書いておきます。
↓↓↓  » 続きを読む

Posted by PGN  at 13:11Comments(0)海外製品米特DEVGRUSEALDIY