スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年07月18日

米露決戦Ⅲ

米露決戦Ⅲお集まりいただいたたくさんの方々、ほんとうにありがとうございます。
二年前、アダチ氏と二人で「アメリカとロシアの装備マンが集まるイベントやってみたいね」というところからスタートした本イベント。
関西では装備系イベントがあまり開催されていなかったこともあって、あれよあれよと言う間に噂が広がり、いつの間にか有名イベントの端っこに名を連ねるようになってしまいました。中には各方面から遠征で来てくれる方もいて、主催者自信が驚いています。
「ギアログ」や「ハートロック」のように本格的なイベントには成り得ませんが、今後も初心者歓迎で装備マニアが気軽に交流出来る場でありたいと思います。

それでは、イベントの模様を写真で紹介していこうと思います。

ひとまずご挨拶
アダチさんはモダンなCIF装備、私は旧スクALFAでの参加でした。
TRENCHのオーナーは商用の出張のためこの日はオーナー代理のミヨシさんが我々のお世話をしてくださいました。


ロシア勢


アメリカ勢


午前中の最初は米露対抗戦サバゲーです。


私は運営、ゆーさんは撮影にそれぞれ専念しました。


ロシアもアメリカも、ちょっと古めのシブい装備の方がいると注目してしまいます。





午前中のゲームが終わったら撮影会の時間です。
みんなこの時間を楽しみにしてくれていたようです。
大勢で装備合わせをしてみたり…


迫真の戦闘シーンを演出してみたり…


日本で初めてではないかという、最新のSSO装備で合わせてみたり…


旧スクFSBの定番装備でまったりと合わせてみたり…


ネタの仕込みのためにスイカまで持ってきたり…


スイカを切って振る舞ってくれたり…


撮影用に発火プロップを自作してきてくれたり…



この後、シューティングゲームなども企画してはいたのですが、午前からの猛暑の中フル装備でゲームをした参加者の皆さんはすでにグロッキー状態。
「もう動きたくない〜」という人が大半。
どうしたものかなと思案しながら参加者の顔色を伺っていると、「普段会えない人と話ししに来れただけでもう満足です」「今日はゲーム目的じゃないんで」と言ってくださる方がたくさんいて救われる思いでした。

で、そうこうしていると天井が落ちて来たような勢いで雨が降ってきて、大慌てで撤収・解散となってしまいましたが、ちいさなイベントにも関わらずみんな各自で何かしら楽しんで帰ろうというスタンスで参加してくれたことがとても嬉しいです。

参加者の皆さんには拙い運営をお詫びするとともに改めてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

【反省】
真夏に装備イベントなんてやるもんじゃないですよface04


  

2017年05月20日

2017/05/14 Trench

先週のトレンチでのサバゲー、Rising Sun Tactical主催のゲームに参加してきました。
同社はLBT/LBXの日本総代理店とのことですが、関西ロシアんの同志達とLBT製品をまったく使わない装備で参加しましたface04
そしてロシア装備の同志との参加といいながら米軍装備というね。
まあ、ええやん。



ゲームは楽しかったです。
写真は、午後から行われた3on3ゲームの模様。
5人ずつのチームで、フィールドには3対3が出ます。
一人倒れたら次の一人が補充に出る形で、5人全員やられたら負け。
わがチームはあえなく緒戦で敗退するもその後敗者復活を遂げました。
おかげで連戦に次ぐ連戦、、、何のシゴキやねんと思いました。
若手3人が頑張ってくれたおかげで、ワタクシとAdachi氏のオッサン二人はほとんど何もしていないにも関わらずなんと3位に入賞。






  » 続きを読む

2017年04月19日

Primary Weapons

自分がやりたい装備に使うためのプライマリウェポンを整理しました。

やりたい装備というか、やってる装備はこんな感じ。
お米マン装備と、おそロシアん装備、それぞれの年代におけるコントラストが面白いんです。
・DEVGRU(2010〜)
・DELTA(2004前後)
・ALFA(2010〜)
・ALFA(2004前後)

そんで、それぞれ組んだエアソフトガンがこんな感じ。

〜アメリカん〜

■HK416(VFC Navy ver.)
AOR1柄に全塗装したのを黒に戻すのは、塗るときよりはるかに大変でした。
HK416はDGと、CAG両方で使います。
・LA-5(FMA)
・551ホロサイト(NB)
・KACサプレッサー(NB)

■M4A1(G&P)
「ギャングスタグリップは自作!」が師匠の教え。
ちょい古CAGで使います。
・PEQ-2(D-Boys)
・MREフリーフロートハンドガード(G&P)
・自作ギャングスタグリップ
・SUREFIRE 6P
・551ホロサイト(NB)
・REDI-MAG(ファーストファクトリー)
・旧COLTストック(マルイXM177)
・リコイルパッド(John Mason)

〜ロシアん〜

■AK105(E&L)
Zenitまみれのナウいスペツナズガンにしたかった。
マルファで使います。
・DTK-1(LCT)
・B-10M(Core)
・B-19(Core)
・RK-0(Core)
・RP-1(Asura)
・PK-3(Asura)
・CAA CBSストック(NB)
・パッド付きスリング(FLYYE)
・Aimpoint COMP M4(NB)
・Midwest Industriesサイドマウント(NB)

■AKS74M(E&L)
中身はCYMAなんだぜ。
ちょい古アルファで使います。
・AKS74Mコンバージョンキット(E&L)
・プラムハンドガード上下
・プラムグリップ(自家塗装)
・AKスリング


基本的に、エアソフトガンは外装を弄るのみです。
メカボックスは買ってきたまま。
壊れるまで開きません。
初速は70台後半〜80ちょい(m/sec)も出てりゃ十分です。
精度は25mでA4サイズに集弾すればOK。

face04

  

2017年02月19日

HK416 Crush Ring

はたしてこの隙間を気にしてる人ってそんなにいるんだろうか?という部分。

とはいえ「本物はこうなってるんだぜ」とか言われたらちょっと気になるface04



Toysoldierで買いましたけど、WARRIORSでも扱ってるみたいですね。

WARRIORSの説明によると、

10インチ仕様HK416のバレル先端の形状を再現したパーツで、一般的な電動ガンでは再現されていない部分を補うディテールアップ・パーツです。416のバレル先端の仕様は複数ありますが、この形状はSOCOM支給のHK416によく見られるタイプです。

とのこと。  » 続きを読む

Posted by PGN  at 15:44Comments(0)エアソフトガン海外製品米特DEVGRUSEALHK416

2016年12月24日

タコ

TACOマガジンポーチ・・・
ところでTACOって?
TACは "Tactical" として、O・・・
いいや

TMCのTACO "タイプ" マガジンポーチが家にあるのですが、これは保持力が弱いという悪評通りの代物でして、走ってるとマガジンが抜け落ちる仕様となっておりますface07
なもんで、放置してガラクタ箱に沈んでいました。


ですが、手元にあるVOINのTACO同型マガジンポーチはマガジンの抜き差しにちょっと力がいるくらい保持力が強いんですよね。
何が違うのか・・・
構造的には基本的に同じなんですが、どうもゴムのテンションがぜんぜん違います。
VOINのは少し太めのショックコード。
TMCのは髪を結うゴムかってほど柔らかい。

ということで、コードを替えてみることにしました。
菊五郎商店という店で安く量り売りしてたので買ってみました。


結果は・・・
写真の見た目だけでは伝わらないですが、マガジンを挿してポーチを振っても、マガジンが抜け落ちないくらいになりました。
(左:交換済み、右:TMCの元の状態)



せっかくなので、ついでにVOINのも紹介しておきます。

  » 続きを読む

Posted by PGN  at 11:48Comments(0)海外製品ロシア米特SEALDIYFSB ALFA

2016年11月06日

ヘルメットのお色直し〜Rabintex AIR CREW Helmet

RabintexはACHの納入メーカーの一つです。
同社は、MSAのTC-2001と同型のヘルメットも作っていて、”AIR CREW”という名前で出しています。
表面や縁ゴムの仕上げが微妙に違いますが、基本的にはMICH High Cutヘルメットの規格に準じた物です。

本家ともいえるMSA製に較べて格段に安い値段に釣られて買ったものの、色(コヨーテブラウン)が気に入らずタン塗り直したたやつです。
(http://pgnmilitary.militaryblog.jp/e763643.html)

塗り直したタン色はそこそこ気に入ってたんですけど「2001=タン」みたいなイメージから少し逸れた仕様にしてみようと思い立って、また緑に塗りました。


塗装に使ったのは、RUST-OLEUMのスプレー塗料です。



ついでにセットアップも少し変更しました。

  » 続きを読む

Posted by PGN  at 00:43Comments(0)米特DEVGRUDIYヘルメット

2016年10月23日

2016/10/23 Trench

TRENCHでサバゲー。
HK416にバナナマガジンでゴキゲンなワイ氏。



今日は普通に定例会に参加。
ODANさんとマサ君とCatsleさんが一緒でした。
写真は全部マサ君がiPhoneで撮ってくれました。







しばらく来てなかったんですが、定例会ゲームに”シールド戦”なるものが!
各チームに1人の盾持ちがフラッグを取りに行くというもの。
盾はノーヒット。盾から出てる身体に当たればもちろんヒット。
そして盾持ちはハンドガンしか使ってはいけません。
誰が盾を持つかは希望者の申し出制のようです。
赤チームはすぐに決まりましたが、黄色チームは控えめな人が多かったのでしょうか誰も手を上げません…
漂い始める微妙な空気…
マサルオーナーと目が合う。

マ「はい、じゃあPGNさんね(一応ハンドガン提げてるし、やってくれるんでしょ?)」
僕「あ、はい(P226提げてるけど弾入れてない)」
マ「はい、PGNさん(やるよな?)」
僕「あ、はい、すぐに弾入れてきます…」



フラッグゲットどころか、どう立ち回ろうかとオロオロしてる間に側頭部にヒット!あえなくヤラレてしまいました。
盾を持って立ち回るのは思っていたよりずっと難しかったです。

CastleさんとはDG合わせ。
氏の希望によりBlue Sq.合わせ。
なんだよパッチ換えただけじゃん、って言われる前に書いておきます。
「Blueチームの装備」って言われてもよく知らないので、いつもの装備でパッチだけebayで”Blue Squadron”って検索して出てきたやつを買って来ました。

  » 続きを読む

Posted by PGN  at 19:25Comments(0)サバイバルゲーム米特DEVGRU米軍

2016年09月23日

TMC製 AN/PVS-15 の改修

TMC製のAN/PVS-15レプリカ。
購入時のアレコレはこちら

テカテカした樹脂製で、見るからにチープだったのでウェザリングで誤魔化していたんですが、手に取って見てみるとやっぱりウェザリング自体も汚いし塗り直そうと思い立ちました。
せっかくだからついでに、モールドでお茶を濁されているディティールに少し手を入れてみました。

まず実物の写真を観察。





塗装はインディのダークパーカーで済ませます。
色味としてはつや消しの黒に近いダークグレー調になります。
乾燥後、布で磨くと角部に使い込んだ感じのテカリを演出できます。
そして細部に手を加えて仕上がった感じがこちら。





…どこを弄ったか分からないと思いますので、こちらに詳しく書いておきます。
↓↓↓  » 続きを読む

Posted by PGN  at 13:11Comments(0)海外製品米特DEVGRUSEALDIY

2016年09月23日

PELTOR COMTAC 2

PELTOR製のCOMTAC2を入手しました。

そもそも、2は廃番品とあって、オークション等ではとてもじゃないですが買える値段では出てきませんので当分は買う気はなかったんですが、こないだ買ったU-94ではレプリカヘッドセットは使えなかったのがキッカケで…
「配線を弄る?いや、それをするにはあまりにも知識が足りない。実?実いっとく?うーん、うーん・・・・・買おう」
となりました。

そこで、フォーラムやFBで安く出てくるのを待っていたところ、概ね考えている値段に近いところで売りに出ているのを見つけたので運良く手に入れることができました。そこからさらに買い叩いたとかとんでもない。(してないとは言ってない)


  » 続きを読む

2016年09月17日

KSC P226R(HW)

当ブログでは珍しいエアソフトガンのネタ。

KSCのSIG P226Rがリニューアルして発売されました。
素材にヘビーウェイト樹脂を採用しています。
また、作動ユニット(System7)もブラッシュアップされたとのこと。









  » 続きを読む

Posted by PGN  at 15:12Comments(0)エアソフトガン米特DEVGRUSEALSIG