スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年05月30日

2017/05/28 C.Q.B. Route Irish ※2004合わせ

ニモちゃんの提唱でこの日は旧スク合わせで集まりました。



「2004.9」つまりベスラン学校占拠事件の頃の装備をイメージしたフォトセッションをやろうと。
FSB装備はモダンスタイルも魅力的ですが、この当時の装備は独特のロシアらしさみたいな物が感じられますね。

多くを語るよりも写真をご覧いただく方がいいと思いますので、写真多めでお送りします。
あー…装備品について語るだけの知識がないためでもあることを先に白状しておきますface04


























  » 続きを読む

2017年04月19日

Primary Weapons

自分がやりたい装備に使うためのプライマリウェポンを整理しました。

やりたい装備というか、やってる装備はこんな感じ。
お米マン装備と、おそロシアん装備、それぞれの年代におけるコントラストが面白いんです。
・DEVGRU(2010〜)
・DELTA(2004前後)
・ALFA(2010〜)
・ALFA(2004前後)

そんで、それぞれ組んだエアソフトガンがこんな感じ。

〜アメリカん〜

■HK416(VFC Navy ver.)
AOR1柄に全塗装したのを黒に戻すのは、塗るときよりはるかに大変でした。
HK416はDGと、CAG両方で使います。
・LA-5(FMA)
・551ホロサイト(NB)
・KACサプレッサー(NB)

■M4A1(G&P)
「ギャングスタグリップは自作!」が師匠の教え。
ちょい古CAGで使います。
・PEQ-2(D-Boys)
・MREフリーフロートハンドガード(G&P)
・自作ギャングスタグリップ
・SUREFIRE 6P
・551ホロサイト(NB)
・REDI-MAG(ファーストファクトリー)
・旧COLTストック(マルイXM177)
・リコイルパッド(John Mason)

〜ロシアん〜

■AK105(E&L)
Zenitまみれのナウいスペツナズガンにしたかった。
マルファで使います。
・DTK-1(LCT)
・B-10M(Core)
・B-19(Core)
・RK-0(Core)
・RP-1(Asura)
・PK-3(Asura)
・CAA CBSストック(NB)
・パッド付きスリング(FLYYE)
・Aimpoint COMP M4(NB)
・Midwest Industriesサイドマウント(NB)

■AKS74M(E&L)
中身はCYMAなんだぜ。
ちょい古アルファで使います。
・AKS74Mコンバージョンキット(E&L)
・プラムハンドガード上下
・プラムグリップ(自家塗装)
・AKスリング


基本的に、エアソフトガンは外装を弄るのみです。
メカボックスは買ってきたまま。
壊れるまで開きません。
初速は70台後半〜80ちょい(m/sec)も出てりゃ十分です。
精度は25mでA4サイズに集弾すればOK。

face04

  

2017年03月26日

2017/03/26 Trench

久しぶりにサバゲーって感じでTrenchに行ってきました。


さぁ、行こうかとばかりに準備に気合を入れて




  » 続きを読む

Posted by PGN  at 21:50Comments(0)サバイバルゲームロシアFSB ALFA

2017年03月08日

MMM2017MAR その1(一日目、前夜祭)

サバイバルゲームフィールド ”BATTLE LAND-1”(和歌山県橋本市)にて3/04-05の両日に渡って開催された、”MMM2017MAR”に参加してきました。


去年の2016MARと、キャンプイベントの2016AUGにも参加しましたが、今回は初めて一日目の日中から参加しました。

今回から新機軸として、正式にロシアユニットが設定されました。
中東(っぽい)エリアに存在する架空国家「バトラン国」における治安維持活動という設定で、連合軍に参加する形になります。
近年、シリア等においてロシア軍の活動を目にする機会も出てきただけに、旬といえばそうかもしれませんね。

きっとこれはオイシイに違いないということで、今回私はロシア装備を選びました。

ロシア系ユニットとして設定されたのは、大きく分けて以下の三つです。
・ロシア連邦軍正規部隊
・連邦保安庁特殊部隊(ALFA、VYMPEL)
・ロシア系傭兵
私はALFAの一員として参加しました。

ロシア同志のみんなは早くに会場入りしてたようで、準備万端。
私とニモちゃんは15時頃に会場入りしましたが、到着するや否や、一息つく間もなく撮影会w

シールドを構えて現場に臨むシーン




小隊長(バカーチン少尉)が不審物件を検めます


不審物件は無事回収されましたが、それをカメラに収めようとするマスコミを制止


ちなみに、このシールドは最新のCeltiumというシールドです。
FORT社製のCeltium用ハーネスとセットで、この日のためにと友人が貸してくれた物です。
約30kgもの重量なので、ハーネス無しには構えて歩くこともままなりません。



連邦軍の面々


なんで丸太を担いているのでしょう


  » 続きを読む

2017年02月25日

SSO PARTIZANスーツ

SSOのPARTIZAN SUITS(パルチザンスーツ)です。
2000年代中期の装備にはやはり不可欠であると思い購入しました。







モデルチェンジを経て、現行製品はコットン/ポリエステルの混紡になっています。
いつ頃生地の素材が切り替わったのか詳しくは知らないのですが、2004当時の物はコットン100%の生地だそうです。
当時モノに拘ると値段は倍近くになってしまうのですが…face07
とはいえ、CRYE PRECISIONの何とかカスタムというようなレアなコンバットスーツみたいにべらぼうな値段ではありません。
買ったのはコットン生地の物です。

  » 続きを読む

Posted by PGN  at 18:57Comments(0)ロシアFSB ALFABDU

2017年02月06日

AK105のリアサイト

AK105のリアサイトを500M照準の物に交換しました。

E&LのAK105は同社製AK74M等と共通のパーツが使用されているのか、1000mサイトが付属しています。
ちなみに、D-Boys、CYMA、VFCのAK105には初めから500Mサイトが付属するようです。

実物のAK105用500Mサイトも探せば手に入るようですが、何ぶんレアなので価格もそれなりにお高いです。
が、D-Boysは単品売りしていることを最近知りました。
扱っている店舗は知りませんが、ヤフオクで検索してみたら見つかったので早速購入。



AK105はAK74とは異なり、サイトリーチは500Mに設定されています。
https://kalashnikov.com/en/product/firearms/mle/ak105.html




  » 続きを読む

2017年01月28日

ニーパッド

先日のバトルランド−1でのゲーム、ニーパッドなしのスタイルで参戦したのですが、やっぱりヒザ痛かったのでニーパッドを買いました。
オールドスクール装備ということもあって、ニーパッドとかないほうがカッコイイじゃん?とか思ってたんですが、あらためて画像を眺めてみるとニーパッド付けてる人もけっこういます。

買ったのはこれ。
ALTAのFLEX KNEE PADS


買うために検索してると「2個セット」という表記に気づいたのですが…
何がおかしいって、普通「左右セット」って書くじゃないですか。
こういうことなんです。
ALTAのニーパッドは「同じ物の2個セット」なんです。
ということはフックが右足は外側に、左足は内側にくるんですね。
装着してみましたがまあ、特に便利とも不便ともなかったです。


じゃあ、なんでALTA選んだの?  » 続きを読む

2017年01月14日

LCT製AK104トップカバー(PK−11)

前回、G&PのトップカバーはAK47用だったことが判明したので、E&Lに付属するトップカバーの単品売りを探したんですが見つかりませんface07
E&Lは単品での販売はしていないのかも。

トップカバーを探すためネットを放浪していたところ、LCTのやつなら割りとそこら辺で売ってることがわかりました。
早速買いましたface02


本来は同社のAK-104用ってことらしいですが、まさに探していたカタチ!
まるでジオンの精神を(略


  » 続きを読む

Posted by PGN  at 11:27Comments(0)エアソフトガンロシアAKFSB ALFA

2017年01月09日

SSO PARTIZAN HARNESS

SSO製 Partizan Harness(パルチザンハーネス)
古めのFSBやるなら定番(?)な代物のようです。

写真にもよく出てきます。
ところで、Google等で検索するとSbruya Partizan Harnessというのがヒットしますが、Sbruyaってなんですか?


Partizan Harnessは、SSOが2000年代中頃まで作っていたチェストリグハーネスです。
ロシア軍等で使われているチェストリグハーネスといえば、”Smersh(スメルシ)”が有名ですが、まあ似たようなもんです。
このPartizan Harnessが発展・改良を経てSmershの原型となったという説もありますし、そうではなくSmershとは全く別の系統の物だという説もあったりします。
まあいいや。

  » 続きを読む

Posted by PGN  at 15:30Comments(0)ロシアFSB ALFA

2017年01月08日

E&L EL-KT107 AEGコンバージョンキット

塗装したCYMAのAK74Mはとても気に入っていたのですが、ひょんなことからE&Lのコンバージョンキットを手に入れたので組んでみました。
AKS74MNのキット(EL-KT107)です。
買うとけっこうするんですよねface07




木製ハンドガードのAKS-74Nのキット(EL-KT105)のほうが旧スク装備には似合うのかもしれませんが、まあいいじゃないですか。
プラムカラーのハンドガード?あったら欲しいけどないし。
黒のハンドガードのほうが好きだし、余ってるストック(E&LのAK105に付いていた物)に換装すればAK74MNにも仕立てられるし。
「AK105のならハンドガードも余ってるはずじゃないか」という話もありますが…face04

  » 続きを読む