2016年10月23日

2016/10/23 Trench

TRENCHでサバゲー。
HK416にバナナマガジンでゴキゲンなワイ氏。



今日は普通に定例会に参加。
ODANさんとマサ君とCatsleさんが一緒でした。
写真は全部マサ君がiPhoneで撮ってくれました。







しばらく来てなかったんですが、定例会ゲームに”シールド戦”なるものが!
各チームに1人の盾持ちがフラッグを取りに行くというもの。
盾はノーヒット。盾から出てる身体に当たればもちろんヒット。
そして盾持ちはハンドガンしか使ってはいけません。
誰が盾を持つかは希望者の申し出制のようです。
赤チームはすぐに決まりましたが、黄色チームは控えめな人が多かったのでしょうか誰も手を上げません…
漂い始める微妙な空気…
マサルオーナーと目が合う。

マ「はい、じゃあPGNさんね(一応ハンドガン提げてるし、やってくれるんでしょ?)」
僕「あ、はい(P226提げてるけど弾入れてない)」
マ「はい、PGNさん(やるよな?)」
僕「あ、はい、すぐに弾入れてきます…」



フラッグゲットどころか、どう立ち回ろうかとオロオロしてる間に側頭部にヒット!あえなくヤラレてしまいました。
盾を持って立ち回るのは思っていたよりずっと難しかったです。

CastleさんとはDG合わせ。
氏の希望によりBlue Sq.合わせ。
なんだよパッチ換えただけじゃん、って言われる前に書いておきます。
「Blueチームの装備」って言われてもよく知らないので、いつもの装備でパッチだけebayで”Blue Squadron”って検索して出てきたやつを買って来ました。

  » 続きを読む

Posted by PGN  at 19:25Comments(0)米特DEVGRU米軍

2016年10月12日

米露決戦Ⅱ こんな感じでした 後編

後編です。
前回に引き続き、米露決戦Ⅱの模様をお伝えします。

お昼休み…
それぞれくつろいだり、カップ麺食ったり…




って、、、ソ連軍何かやってたなと思ったら…


ホントこの人らはマイペースだわwww(めっちゃ美味しそう…食べさせてって言えばよかった)


お昼休みの後は、シューティングマッチを開催しました。
広島米露合同演習の際に、いーぐるさんが持ち込んだゲームを使わせてもらいました。
競技に際しては、三人一組でチームを作ります。
一人目がスタートラインから射撃線まで走りそこで5的倒したらまたスタートラインまで戻って二番員に交代、二番員は同様に5的倒したら三番員に交代、三番員がスタートラインに戻るまでのタイムを競います。
運動会みたいに盛り上がってましたw








優勝チームには関西オーナー会加盟フィールドの優待券、2位チームにはTRENCHの優待券が授与されました。
遠征組の方が取ってた気がするのですが…いや、きっとまた大阪に遊びに来てくれますよね!


その後は、人数非対称でのミニゲーム。
圧倒的有利な人数で展開するロシア軍に対して、数で劣るようわざと少人数にしたアメリカ軍が一定時間拠点を守るという、アダチ氏曰く「Call of Duty戦」。
ようするに勝ち負け度外視で苦しい戦いを楽しんでくださいって主旨です。






一日の締め括りは、閉会式に伴ってオークションも開催!
出店の各ショップオーナー様から素敵な商品の数々が1円スタートで!




また、参加者の一部の方からはエアソフトガン等豪華な品々が格安スタートで!



雨の朝から始まり、長いようで短かった一日でした。
運営一同、どうにかして参加者の皆さんが楽しんでくれるようにと、そんなことばかり考えて過ごした一日でした。
アダチ氏から「また来年も」との言葉が飛び出していましたが、なんとか次回も開催できるようにしますので、またよろしくお願いします。










  

2016年10月10日

米露決戦Ⅱ こんな感じでした

何回かに分けて、米露決戦Ⅱの模様を振り返ってみたいと思います。



朝は雨。予報ではお昼以降は晴れるとのことでしたので、さほど心配はしていませんでした。


しかし降雨はともかく、地面が濡れていたのは参加者の皆さんには申し訳なかったです…
それにもかかわらず、苦情の一つもなくそれぞれ工夫して対処してくださっていたようで、運営としてはホントに救われました。


普段は屋根の下はセイフティエリア(参加者の休憩場所)ですが、この日はショップ出店とフリーマーケットで利用させていただきました。

ADDICT〜無線関係の装備品とオリジナルパッチ


明日香縫製〜ものすごい数のパッチ


VOLK TACTICAL GEAR〜ショップオリジナルのウェア等


ミリタリーサポート〜払下軍用品を格安で



当初は午前中はゲームを楽しんでもらう意味でフリマは昼以降に出してもらうつもりでしたが、雨ということもあって繰り上げました。
今回はとても多くの品を持ち込んでくださったので、ショップ出店と合わせるとちょっとした物販イベントの様相でした。




さて、雨も上がってきたので、フィールドインです。


簡単な挨拶とイベント概要の案内など。




午前中のゲームは弾数制限有り(リアカンルール)でのアメリカ対ロシアの対抗戦。。
セミオート戦ですが、LMGはフルオート有りなので分隊支援火器の値打ちがあります。
但しLMGも1マガジンに一度に装填できるのは200発までとし、LMG持ちにも弾切れとリロードを強います。
しかしそれでも強いLMG。米側、ロシア側、各チーム何人がLMGを持ち込むかは成り行き任せ。
ゲームバランス?勝ったの負けたのよりも、不公平感も含めて楽しんでください。




しまいにはこんなのまで現れました。


各参加者の装備は米露決戦ならではの、年代ごった混ぜファッションショーw
近代装備アメリカン!戦う!


オールドスクールアメリカン!作戦指示!


近代装備ロシアん!戦う!


オールドスクールロシ…ア?ん?ソ連? っていうか!くつろいどるやないかっ(-_-;)



そんなこんなで午前中を終え、午後のシューティングマッチへと続くのであった…
今回はここまで。
  » 続きを読む

2016年10月09日

米露決戦Ⅱ ご参加ありがとうございました!



米露決戦Ⅱに参加してくださった皆さん、お疲れ様でした。
皆さんのおかげで無事盛況のうちに終わることができましたことに感謝します。
また、関西のみならず、関東、中国など遠方から遠征で参加してくれた皆さん、ありがとうございました。
これを機に、参加者の皆さんの交流が深まります事を期待します。
またフィールドでお会いした際はよろしくお願いします。

仕切りも内容の詰めも反省点は多く、他の本格的装備イベントには主催力が遠く及びませんが、それでも楽しかったとのお言葉はとても嬉しいです。
特に今回は撃ち合いよりも交流に比重を置いたつもりなので、そのように感じていただけたとしたら嬉しい限りです。

また、主催、運営、出店業者の皆様にもお礼を申し上げます。
フィールドとの調整やゲームの企画ではAdachiさん、TRENCHのマサルさん、ロシア側との繋ぎではnimographさん、しけちょうさん、射的台と競技のアイデアを提供してくれたいーぐるさんには特に感謝してます。

年が明けたらまた第三回をというお声もいただきましたので、開催できますよう頑張ろうと思いますので、またよろしくお願いします。










  

2016年08月21日

米露決戦Ⅱ お知らせその2〜エントリーについて

米露決戦Ⅱ おしらせその2です。
今回はエントリー方法についてご案内します。

エントリー開始は、9月1日(木)の19時〜となります。
TRENCHの通常のエントリーと同様、メールでのエントリーとなります。
TRENCHブログ内の、ゲーム開催日・予約フォームよりお願いします。
その際、米軍、ロシア軍のどちらサイドで参加を希望するかを明記してください。
受付開始期日より前のエントリーは無効ですのでご注意ください。

定員は80名(米軍40名、露軍40名)です。
前回はエントリー開始早々に定員に達してしまいましたので、今回は少し増やしました。

参加費は一律3500円です。

皆さまのエントリーお待ちしております。











  

2016年08月20日

米露決戦Ⅱ開催のお知らせ



米露決戦Ⅱをトレンチにて開催します。
前回同様、アダチさん、ニモさん、ワタクシで企画した内容をトレンチのイベントとして開催する運びです。

ざっくりしたところとしては、装備好きだけで集まって遊ぼうぜーってところです。
ガチサバゲーでもないし、ガチリエナクトでもないです。
サバゲーあんまし上手くないんだけど、とか、レプリカ装備しか持ってないよ〜って人も大丈夫。
もちろん、サバゲー猛者もガチ実物装備マンも歓迎です。

フリーマーケットやショップ出店も計画しています。
ギアログみたいにカッコいいイベントじゃないかもしれないけど、ユル〜い感じで交流してもらえたら幸いです。

今後イベントの詳報は、以下にてお知らせします。
[TwiPla] 米露決戦Ⅱ in Trench Osaka 2016.10.09 (http://twipla.jp/events/215958
当ブログ(http://pgnmilitary.militaryblog.jp/
TRENCHブログ(http://trench.militaryblog.jp/

※TwiPla上ではエントリーの受付はできませんが、お知り合い同志で参加表明をしたりするのに是非活用してください。


トップ画像および以下のタイトルバナーはご自由にお使いください。