2016年12月30日

SCARPA Zero Gravity 10 GTX

茶色系のトレッキングシューズが欲しくなったので、ちょっと探してみました。
ロシア特殊で使われている(使われていそう)なのをピックアップしてみる。

・TREZETA
 ロシア特殊部隊ではよく使われています。
 が、デザインがちょっとモダンすぎて古め装備に似合わない気がしたのと、みんな持ってそうなので面白くない気がしたのでパス。

・ASOLO
 FugitiveやFSN95、FLAMEなんかを履いているALFAの写真がいくつか出てますね。
 カッコイイし、DG装備でも使えるかなというやらしい気持ちも出てきましたが、これもマルチカムに身を包んだ隊員の写真しか思いつかないのでパス。

・SRVV
 これもCrispi Saharaとかよく見ます。
 シブいのですが、TRENCHやバトルランド辺りで使うとなるとなんか頼りない感じがしてパス。

・MERRELL
 米軍特殊ではほんとによく使われている印象のあるブランドですが、みんな持ってそうなのでパス。

・SALOMON
 もう持ってるし同じブランドのいくつも買っても面白くないからパス。

・SCARPA
 米特でもたまに見かけます。”米軍放出品”で売りに出てるのも見たこと有ります。
 ですが、あんまり知られてないのか、このブランド名が聞こえてくることがあまりありません。
 SCARPAはイタリアのブランドです。イタリア語で「靴」を指すとのこと。

そして選んだのはこちら。

  » 続きを読む

Posted by PGN  at 11:07Comments(0)装備品ロシアFSB ALFAフットウェア

2016年12月29日

HELIKON-TEX Gunfighter Jacket

ALFAの画像見てると、ちょくちょく何某かのソフトシェルジャケットを着てます。
コレだ!って特定できる物はないのですが、何かそれっぽいソフトシェルジャケットが欲しくなってきたので・・・

HELIKON-TEX Gunfighter Jacket
HELIKON-TEXはポーランドのメーカーらしいです。


カメレオンのロゴマークがチャームポイントです。


  » 続きを読む

2016年12月24日

タコ

TACOマガジンポーチ・・・
ところでTACOって?
TACは "Tactical" として、O・・・
いいや

TMCのTACO "タイプ" マガジンポーチが家にあるのですが、これは保持力が弱いという悪評通りの代物でして、走ってるとマガジンが抜け落ちる仕様となっておりますface07
なもんで、放置してガラクタ箱に沈んでいました。


ですが、手元にあるVOINのTACO同型マガジンポーチはマガジンの抜き差しにちょっと力がいるくらい保持力が強いんですよね。
何が違うのか・・・
構造的には基本的に同じなんですが、どうもゴムのテンションがぜんぜん違います。
VOINのは少し太めのショックコード。
TMCのは髪を結うゴムかってほど柔らかい。

ということで、コードを替えてみることにしました。
菊五郎商店という店で安く量り売りしてたので買ってみました。


結果は・・・
写真の見た目だけでは伝わらないですが、マガジンを挿してポーチを振っても、マガジンが抜け落ちないくらいになりました。
(左:交換済み、右:TMCの元の状態)



せっかくなので、ついでにVOINのも紹介しておきます。

  » 続きを読む

Posted by PGN  at 11:48Comments(0)装備品海外製品ロシア米特SEALDIYFSB ALFA

2016年12月23日

CYMA製AK74M(CM047)を塗装してみた

CYMAのAKを塗装しました。


使ったのは「アサヒペン 高耐久ラッカースプレー 300ML 黒」
大抵のホームセンターには置いてると思いますし、Amazonで453円で売ってます。
売り文句に「日光や雨に強く、美しいツヤに仕上がる。」とあります。
これは期待。



さて、朝早くから起きてAKをバラす。
うーん、やっぱりこの、のぺーっとしたつや消し塗装が安っぽさを醸し出してるな…



外は生憎の雨だったので車庫で作業します。
さようならシットリつや消し塗装、こんにちはテカテカ黒光りボディ。


こ、これは期待にかなう黒光り具合!



〜乾燥〜

〜ウェザリング〜


これはちょっと見、アルミと亜鉛合金製には見えない。





ついでに、プラスチッキーな樹脂パーツを、これはボディとは反対につや消しの「インディ ダークパーカー」で塗りました。
う〜ん素晴らしい、とても低級中華には見えない。



<まとめ>
アサヒペンなめてたゴメン

  

2016年12月21日

CYMA製AK74M(CM047)

あたしは故あらば低級中華でも買うのさっ!


失礼しました。
シーマ様CYMAのAK74Mを模したモデル、CM047です。
巷では「低級中華」なんて呼ばれてるCYMAですが、海外製エアソフトガンとしてはそこそこメジャーなメーカーです。


持ってる人も多いし、買う前にさらっと検索してみたらレビューもいっぱい出てきたので、ここではそういうのは割愛します。
つまり要するに面倒なのです。
すでに所有していたE&Lの製品なんかと較べると、外観はさすがにショボいやや後れをとる感が否めませんが、装備着て写真撮る分にはそんなに分からんでしょう。


とはいえ、ハンドガード、グリップ、ストックといった樹脂製パーツのプラっぽさがアレなので、余っているE&Lのパーツと交換してしまおう!


・・・と思ったんですが、構造的に無理があるのであきらめましたface04

作動確認
中華電動ガンといえば、「緑のグリスがー」とか、「買ったらまずメカボ開けてシム調整し直して」とかよく言われてます。
が、あに図らんや、なかなかどうして。
変なギア鳴きもないし、二重給弾や弾ヅマリもないし、至って軽快に動くじゃないですかface02
・・・メカボックスは壊れるまで開けないでおこう。
つまり要するに面倒なのです。

気になる初速や発射サイクルも申し分ありません。
実銃のAK74Mがだいたい650/mといいます。(wikipedia調べ)


あとは、シューティングレンジで試射して真っ直ぐ飛ぶかどうかですね。

光学サイトということで、PK-01VA
・・・は買えないので、ちょっと似てるアレを載せておくことにします。



何も弄るところがないけれど、週末暇だったら塗ります。
シットリりつや消しボディをテカテカ真っ黒ボディにしてやるぜ。






  

2016年12月03日

ショットショージャパン 2016冬

「ショットショージャパン 2016冬」に行ってきました。
主な目的は、いーぐる同志とだぶ夫同志がMMMの中の人に挨拶をするというのでついて行ったのと、ADDICTの中の人に頼んでいたマガジンポーチを受け取りに行くことでした。

わりと早く会場に着いたのですがすでに行列。


空いてるうちにササーッと回ってしまいます。
とりあえずADDICTのブースに寄ってマガジンポーチを受け取るついでに冷やかしでLSHZ-1+を試着しました。
思っていたより軽い。
FAST某ヘルメットより軽い気がします。


マルイブースではDELTAカスタムのHK416を触ってきました。


ブースの担当氏によるとハンドガードのレールを取り付けるネジ穴に、ステンレス製の補強インサートが埋め込まれているのがウリだそうです。
たしかにコレは良いなと思いました。


発表されたときは、「また”さいきょうのとくしゅぶたい銃”かよ」との声も散見されましたが、実際に持ってみるとこれがなかなかどうして、けっこう欲しくなるもんですよ^^;


こちらは韓国GBLS社のM4。


こちらは電動ガンで、DASシステムと名付けられた新機軸のメカを搭載しています。
ボルトキャリアにシリンダーやスプリングといったエア系統を丸ごと内蔵しています。
このボルトユニットをロアフレームに内蔵されたモーターとギアで動かすというモノ。
内部も見せてもらいながら詳しい説明も聞いたのですが、ここでの言及は控えます。
セールスポイントとしては、
◯ボルト形状がリアル
◯テイクダウンピンによるリアルな分解構造
◯フロント周りとレールはリアルサイズ
◯マガジンは60発
◯次世代電動ガンとはまたひと味違ったリコイルショック
◯撃ちきったらもちろんボルトストップが掛かる
◯バッテリーはストックイン
といったコトが挙げられています。
フレーム刻印は現在はメーカーオリジナルのロゴマークですが、いずれは無刻印やリアル刻印のモデルも発売したいとのこと。
早ければ数週間後には日本にも入ってくるそうです。
ただ、現状は初期生産分の費用回収のため値段が$3000ほどになってしまうとのこと。
将来的にはコストダウンを図って価格をもっと下げたいとおっしゃってましたが、しばらくは高嶺の花ですね…

お昼は、いーぐるさん、だぶ夫さん、すもうくさんと一緒にバーガーキングのでっかいハンバーガー食ってきました。



今回の戦利品…
・ちょっと良さげなフェイスマスク
・LA-5のパタンージェネレータ(本物)
・5.45✕39弾のダミーカート
・2BANG型のBBボトル
・VOINのTACOもどきマガジンポーチ二種類



ふう、、安いものしか買わずになんとか我慢しきったよ。
ボーナス後だったら、アレとかアレとかアレとか買ってしまったかもしれなかったなface04


  

Posted by PGN  at 22:01Comments(0)ミリタリーイベント