2017年10月15日

AN/AVS-9(ANVIS 9)のレプリカ

何か買ったりしても、TwitterとかInstagramに画像を投稿したらそれでもうやりきった感に満たされてしまって、ブログを書くのが億劫になってしまいがちな今日このごろです。
しばらくブログを書かないうちに、DEVGRU装備を処分したり、オールドスクールなデルタの装備を買い揃えたりとか、いろいろやってたんですが、そんなネタもぼちぼち書いていこうかなと思ってたりします。

久しぶりの更新ということで、今回はAN/AVS-9のレプリカ二種類(FMAとTMC)を比較してみようかと思います。
古めの陸特やデルタ装備に欲しいナイトビジョンですね。

米軍の管理名はAN/AVS-9です。ANVIS 9とも呼称されたりします。ANVISは”Aviator NV imaging system”のことです。
ITT社製(F4949)L3 Insight Technology社製(M949)があります。
どう違うのかはよく知りませんが、こちらの解説によると
” L3 has made significant design improvements to the Aviator NV imaging system (ANVIS).”
とあるので、元々ITTが製造していた物を後にL3が改修したようです。F4949の商品説明はこちら
本物は1万ドル(この記事を書いている時点では約111万円)を超えます。もちろんITAR(International Traffic in Arms Regulations=国際武器取引規則)にも抵触します。すなわち買えません。

現時点で、AN/AVS-9のレプリカとして存在するのは、サンダーゲート、TMC、FMAの三つです。
サンダーゲート製はコダワリのディティールだそうですが、大量生産品ではないようで流通数が少なく高価で、入手が非常に困難です。欲しいけどちょっと手が出ない。
TMCとFMAは廉価品。どちらも35ドルくらい。送料とか加味しても5,000円くらいの物です。ebayや海外のエアソフトショップで買えます。そのうち国内のショップでも扱うようになるかも。

FMAのは豪華なボックスに入って送られてきましたが、TMCのは無地の小さなダンボールの箱にポンと放り込んでありました。
ちなみに本体、ケース、ダンボール箱、いずれにもメーカー名や製品名、もしくはそれらを類推する記述は一切ありません。
大人の事情ですね。



  » 続きを読む