2015年02月17日

Defender-2 Molle Diagonal その2



ロシアのプレキャリアーマー ”Defender-2 Molle Diagonal” です。
Defender-2は主にFSB TsSN(連邦保安庁特殊任務センター) Alfa等の特殊部隊で使われています。

FSBはロシア語(キリル文字)で ”фсб”と表記します。

斜めのモールが珍しくてシブイと思ったけんですけど、イマイチ使い途が分からんのですが…(´・_・`)

今回は細部を見ていこうと思います。




着用感は6094A等のプレキャリよりもかなりがっちりした感じです。
フリーサイズですが、肩部と胴部である程度は調整できます。
胴回りは細身の人から少々お腹周りが気になる人までわりと広く対応できそうな感じですが、着丈は米軍向けの6094やCIRAS、JPCといった物よりも長めです。

肩部は本体のベルクロとベルトの二重になっています。
ベルトのベルクロを剥がして…




本体肩部のベルクロで長さを調整します。
ベルトと本体の二重になっている意味はあまり良く分かりませんが。




胴部は6094と同じような感じで、カマーバンドのベルクロで調整します。




その後、ファステックスでベルトを留めます。




ファステックスのベルトは背面のモールを通して折り返しの長さで調整するようになっています。
ベルトの末端にはベルクロがついていて、端っこがブラブラしないようにモールに留めておけるようになっています。
ちなみに、ちょっとゆったりめにしておかないと、着た後で自分でファステックスをロックできません。
え?体が固いから?




首周りもネックガードの位置を調整できるようになっています。
前後とも同じものですが、FORTのロゴが付いている方を前にするほうがカッコイイでしょう。




肩部のD環にベルトを通します。




フロント




バック




グローインガードは、カマーバンドをめくってフロント下部にベルクロで取り付けます。
6094みたいな着用感に近づけたければ外してしまえばいいかもしれません。




【まとめ】
 インドネシアのメーカーですが、結構しっかりと作ってあります。
 縫製の美しさなんていうものは日本製品以外に求めてはいけません。
 アジアンスタンダードからすれば日本製品のクオリティがそもそもイレギュラーなんです。




同じカテゴリー(FSB ALFA)の記事画像
2017/05/28 C.Q.B. Route Irish ※2004合わせ
Primary Weapons
2017/03/26 Trench
MMM2017MAR その1(一日目、前夜祭)
SSO PARTIZANスーツ
AK105のリアサイト
同じカテゴリー(FSB ALFA)の記事
 2017/05/28 C.Q.B. Route Irish ※2004合わせ (2017-05-30 12:15)
 Primary Weapons (2017-04-19 23:07)
 2017/03/26 Trench (2017-03-26 21:50)
 MMM2017MAR その1(一日目、前夜祭) (2017-03-08 21:53)
 SSO PARTIZANスーツ (2017-02-25 18:57)
 AK105のリアサイト (2017-02-06 23:34)

Posted by PGN  at 00:01 │Comments(0)FSB ALFA海外製品ロシア装備品

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。