2015年03月18日

Try , Error and ... Compromise

塗ったはいいけれど、どうもコレジャナイ感が。
原因は、なんとなく選んだレッドブラウン(タミヤ:TS-1)とウッドブラウン(ミスター:43)のそれぞれにおいて赤色成分が強すぎることだと思います。

ということで、木甲板色(タミヤ:TS-68)で全体を塗り直してから今度は迷彩柄をダークアース(タミヤ:AS-22)に変えてみました。





前回の塗装結果がコチラ。
やっぱりちょっと赤色が強すぎる。




WEBで検索して出てくる画像は、撮影環境がわからないので正確な色味を判別することは出来ませんが、ベース色はもう少しピンクがかっているのかもしれません。
でもまぁ木甲板色で概ねイメージに近いところです。
迷彩色は二色で構成されていますが、濃い方はタミヤのダークアースでいいとして、薄い方はなんだろ?黄土色のような色ですね。




これもWEBで頻出の画像です。
これは上記の画像よりも撮影条件は良さそうです。




で、塗り直したのがコチラ。
わりとイイ感じになったけど…ここで気づいたface08
迷彩の明るい方はあとで考えようと思ってたけど、コレ、先に濃い方塗ってしもたやん…face07




まとめ迷彩は単色でもいいような気がしてきました(妥協)





同じカテゴリー(エアソフトガン)の記事画像
Primary Weapons
HK416 Crush Ring
AK105のリアサイト
プラム再び
プラム
LCT製AK104トップカバー(PK−11)
同じカテゴリー(エアソフトガン)の記事
 Primary Weapons (2017-04-19 23:07)
 HK416 Crush Ring (2017-02-19 15:44)
 AK105のリアサイト (2017-02-06 23:34)
 プラム再び (2017-01-24 23:15)
 プラム (2017-01-15 17:32)
 LCT製AK104トップカバー(PK−11) (2017-01-14 11:27)

Posted by PGN  at 00:01 │Comments(0)エアソフトガン米特DEVGRUDIYHK416その他

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。