2016年09月19日

KSC P226R(HW)その2 KSCとマルイ

MK24/25の代用品としてSIG P226Rを使っとります。

ピカティニーレール装備のMK25ですと本当はWEのやつがいいんですけど…




作動の安定性(弄るの面倒くさいからね)や、フレームが樹脂製で安心なことからマルイ/KSCのP226Rはまあ妥当な選択ではあると思ってます。
アンカーマークないけどね。

ということで、今手元にあるKSCとマルイを並べてみました。




やはり、レールの曲面形状はちょっとアレな気がしますが、”MK25”としてのモデルアップではないので仕方ありません。




ファイアリングピンは、どっちがリアルなのか分かりません。
マルイのはサードパーティ製パーツでディティールアップしてます。
KSCのは元からファイアリングピンも再現されています。


グリップは、KSC曰く「形状を見直した」そうです。上がマルイ、下がKSC。


マガジンはマルイのはP226Eの物です。P226Rに標準付属のものはバンパーの形状がミリタリーっぽくないし、ガスタンクの容量が小さいので使っていません。上がマルイ、下がKSC。マルイのはマガジン下部のエンドプレートが亜鉛合金で、本体と一体成型のため落としたら割れるかもしれません。サバゲーフィールドは下が土や砂利のことが多いのでその心配はなさそうですが…




KSCのマガジン(下)は、フォロアーを最下端で保持する機構がついています。これはけっこう便利です。


リップの形状。どちらがどうということはありません。


ガスバルブ周辺の比較。これもどちらがどうということはなさそうです。



<まとめ>
正直、どっちが良いとか劣るとかあまりないような気がします。
どちらも買ったそのままの状態から、いくらか手を入れないと満足の行く外観にはなりません(私の主観です)し、作動の安定性も優劣つけがたいと思います。





同じカテゴリー(エアソフトガン)の記事画像
Primary Weapons
HK416 Crush Ring
AK105のリアサイト
プラム再び
プラム
LCT製AK104トップカバー(PK−11)
同じカテゴリー(エアソフトガン)の記事
 Primary Weapons (2017-04-19 23:07)
 HK416 Crush Ring (2017-02-19 15:44)
 AK105のリアサイト (2017-02-06 23:34)
 プラム再び (2017-01-24 23:15)
 プラム (2017-01-15 17:32)
 LCT製AK104トップカバー(PK−11) (2017-01-14 11:27)

Posted by PGN  at 00:01 │Comments(0)エアソフトガンSIG

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。