2017年07月20日

米露決戦Ⅲ 番外篇

〜前夜祭〜
運営者と一部有志により、イベントの準備を口実に前夜から会場入りして遊んでました前夜から入念な検討を重ねていました。


このシーンを演出するためにわざわざTRENCHの航空地図を作ったよ。


立ち上がると装備のアラが目立つので、しれっと奥の方に座るワタクシ


アダチさんのCIFを真似てそれっぽいのをやろうとしてるんですけど前途多難ですface07


MR達


レヴァさんと玄米茶さん。
アメリカとロシアのコラボ。こんなん分かる人にしか分からん…


レヴァさんの呼びかけとtakさんの器材で”13hours”風フォトセッションなんかもやってみた。
映画の装備と違うのは分かってんねんでface04







こんなことやって遊んでましたface02



  

2017年07月18日

米露決戦Ⅲ

米露決戦Ⅲお集まりいただいたたくさんの方々、ほんとうにありがとうございます。
二年前、アダチ氏と二人で「アメリカとロシアの装備マンが集まるイベントやってみたいね」というところからスタートした本イベント。
関西では装備系イベントがあまり開催されていなかったこともあって、あれよあれよと言う間に噂が広がり、いつの間にか有名イベントの端っこに名を連ねるようになってしまいました。中には各方面から遠征で来てくれる方もいて、主催者自信が驚いています。
「ギアログ」や「ハートロック」のように本格的なイベントには成り得ませんが、今後も初心者歓迎で装備マニアが気軽に交流出来る場でありたいと思います。

それでは、イベントの模様を写真で紹介していこうと思います。

ひとまずご挨拶
アダチさんはモダンなCIF装備、私は旧スクALFAでの参加でした。
TRENCHのオーナーは商用の出張のためこの日はオーナー代理のミヨシさんが我々のお世話をしてくださいました。


ロシア勢


アメリカ勢


午前中の最初は米露対抗戦サバゲーです。


私は運営、ゆーさんは撮影にそれぞれ専念しました。


ロシアもアメリカも、ちょっと古めのシブい装備の方がいると注目してしまいます。





午前中のゲームが終わったら撮影会の時間です。
みんなこの時間を楽しみにしてくれていたようです。
大勢で装備合わせをしてみたり…


迫真の戦闘シーンを演出してみたり…


日本で初めてではないかという、最新のSSO装備で合わせてみたり…


旧スクFSBの定番装備でまったりと合わせてみたり…


ネタの仕込みのためにスイカまで持ってきたり…


スイカを切って振る舞ってくれたり…


撮影用に発火プロップを自作してきてくれたり…



この後、シューティングゲームなども企画してはいたのですが、午前からの猛暑の中フル装備でゲームをした参加者の皆さんはすでにグロッキー状態。
「もう動きたくない〜」という人が大半。
どうしたものかなと思案しながら参加者の顔色を伺っていると、「普段会えない人と話ししに来れただけでもう満足です」「今日はゲーム目的じゃないんで」と言ってくださる方がたくさんいて救われる思いでした。

で、そうこうしていると天井が落ちて来たような勢いで雨が降ってきて、大慌てで撤収・解散となってしまいましたが、ちいさなイベントにも関わらずみんな各自で何かしら楽しんで帰ろうというスタンスで参加してくれたことがとても嬉しいです。

参加者の皆さんには拙い運営をお詫びするとともに改めてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

【反省】
真夏に装備イベントなんてやるもんじゃないですよface04


  

2017年05月21日

米露決戦Ⅲ ご案内



「米露決戦Ⅲ」7月9日(日)、いつものトレンチにて開催します。
気候的にギアフリークには辛い時期ですが、死なない程度に盛り上がりましょう。
思えばAdachiさんの一言「アメリカ対ロシアのイベントやりたいと思いません?」から始まったこのイベントも三回目となりますけれど、毎回楽しみにしてくれる人がいて嬉しいです。

イベント概要については、TwiPlaに書きましたのでそちらをご覧いただくとともに、お友達同士の誘い合わせ等の参考にしてください。

それでは、エントリー受付開始までもうしばらくお待ち下さい。


  

2016年10月12日

米露決戦Ⅱ こんな感じでした 後編

後編です。
前回に引き続き、米露決戦Ⅱの模様をお伝えします。

お昼休み…
それぞれくつろいだり、カップ麺食ったり…




って、、、ソ連軍何かやってたなと思ったら…


ホントこの人らはマイペースだわwww(めっちゃ美味しそう…食べさせてって言えばよかった)


お昼休みの後は、シューティングマッチを開催しました。
広島米露合同演習の際に、いーぐるさんが持ち込んだゲームを使わせてもらいました。
競技に際しては、三人一組でチームを作ります。
一人目がスタートラインから射撃線まで走りそこで5的倒したらまたスタートラインまで戻って二番員に交代、二番員は同様に5的倒したら三番員に交代、三番員がスタートラインに戻るまでのタイムを競います。
運動会みたいに盛り上がってましたw








優勝チームには関西オーナー会加盟フィールドの優待券、2位チームにはTRENCHの優待券が授与されました。
遠征組の方が取ってた気がするのですが…いや、きっとまた大阪に遊びに来てくれますよね!


その後は、人数非対称でのミニゲーム。
圧倒的有利な人数で展開するロシア軍に対して、数で劣るようわざと少人数にしたアメリカ軍が一定時間拠点を守るという、アダチ氏曰く「Call of Duty戦」。
ようするに勝ち負け度外視で苦しい戦いを楽しんでくださいって主旨です。






一日の締め括りは、閉会式に伴ってオークションも開催!
出店の各ショップオーナー様から素敵な商品の数々が1円スタートで!




また、参加者の一部の方からはエアソフトガン等豪華な品々が格安スタートで!



雨の朝から始まり、長いようで短かった一日でした。
運営一同、どうにかして参加者の皆さんが楽しんでくれるようにと、そんなことばかり考えて過ごした一日でした。
アダチ氏から「また来年も」との言葉が飛び出していましたが、なんとか次回も開催できるようにしますので、またよろしくお願いします。










  

2016年10月10日

米露決戦Ⅱ こんな感じでした

何回かに分けて、米露決戦Ⅱの模様を振り返ってみたいと思います。



朝は雨。予報ではお昼以降は晴れるとのことでしたので、さほど心配はしていませんでした。


しかし降雨はともかく、地面が濡れていたのは参加者の皆さんには申し訳なかったです…
それにもかかわらず、苦情の一つもなくそれぞれ工夫して対処してくださっていたようで、運営としてはホントに救われました。


普段は屋根の下はセイフティエリア(参加者の休憩場所)ですが、この日はショップ出店とフリーマーケットで利用させていただきました。

ADDICT〜無線関係の装備品とオリジナルパッチ


明日香縫製〜ものすごい数のパッチ


VOLK TACTICAL GEAR〜ショップオリジナルのウェア等


ミリタリーサポート〜払下軍用品を格安で



当初は午前中はゲームを楽しんでもらう意味でフリマは昼以降に出してもらうつもりでしたが、雨ということもあって繰り上げました。
今回はとても多くの品を持ち込んでくださったので、ショップ出店と合わせるとちょっとした物販イベントの様相でした。




さて、雨も上がってきたので、フィールドインです。


簡単な挨拶とイベント概要の案内など。




午前中のゲームは弾数制限有り(リアカンルール)でのアメリカ対ロシアの対抗戦。。
セミオート戦ですが、LMGはフルオート有りなので分隊支援火器の値打ちがあります。
但しLMGも1マガジンに一度に装填できるのは200発までとし、LMG持ちにも弾切れとリロードを強います。
しかしそれでも強いLMG。米側、ロシア側、各チーム何人がLMGを持ち込むかは成り行き任せ。
ゲームバランス?勝ったの負けたのよりも、不公平感も含めて楽しんでください。




しまいにはこんなのまで現れました。


各参加者の装備は米露決戦ならではの、年代ごった混ぜファッションショーw
近代装備アメリカン!戦う!


オールドスクールアメリカン!作戦指示!


近代装備ロシアん!戦う!


オールドスクールロシ…ア?ん?ソ連? っていうか!くつろいどるやないかっ(-_-;)



そんなこんなで午前中を終え、午後のシューティングマッチへと続くのであった…
今回はここまで。
  » 続きを読む

2016年10月09日

米露決戦Ⅱ ご参加ありがとうございました!



米露決戦Ⅱに参加してくださった皆さん、お疲れ様でした。
皆さんのおかげで無事盛況のうちに終わることができましたことに感謝します。
また、関西のみならず、関東、中国など遠方から遠征で参加してくれた皆さん、ありがとうございました。
これを機に、参加者の皆さんの交流が深まります事を期待します。
またフィールドでお会いした際はよろしくお願いします。

仕切りも内容の詰めも反省点は多く、他の本格的装備イベントには主催力が遠く及びませんが、それでも楽しかったとのお言葉はとても嬉しいです。
特に今回は撃ち合いよりも交流に比重を置いたつもりなので、そのように感じていただけたとしたら嬉しい限りです。

また、主催、運営、出店業者の皆様にもお礼を申し上げます。
フィールドとの調整やゲームの企画ではAdachiさん、TRENCHのマサルさん、ロシア側との繋ぎではnimographさん、しけちょうさん、射的台と競技のアイデアを提供してくれたいーぐるさんには特に感謝してます。

年が明けたらまた第三回をというお声もいただきましたので、開催できますよう頑張ろうと思いますので、またよろしくお願いします。










  

2016年10月05日

米露決戦Ⅱお知らせその4〜当日の事とかざっくり

いよいよ開催が迫ってきました。
楽しみにしてくださっている方がたくさんいらっしゃるようでたいへん嬉しいです。



事前のご案内はたぶんこれで最後になりますが、一読をお願いします。

【天候について】
当日は天候が危ぶまれるところですが、雨天決行です。
小雨程度なら様子を見てゲームもやります。
ゲームが全く開催できない場合も、集まって装備着て交流できたらいいなと思っています。
天気を見て、着替えやタオル等を各自でご持参ください。

【交通事情について】
時期的に、近隣の地区において秋祭り等による交通規制があるかもしれません。
時間には余裕を持ってお越しください。
だんじり曳航等に伴う交通規制に出くわした場合は、祭りの関係者や警察官の指示に従ってください。
祭りの行われる地区や日程については、各自でネット検索等を利用して調べてください。
その際、こちらがある程度参考になると思います。
フィールドへのアクセスはこちら

【ゲームについて】
ゲーム内容としては以下のような感じで予定しています。
装弾数やヒット判定等に一部特殊なルールを設けていますが、くれぐれも紳士的にお願いします。
内容は、天候等により変更する場合があることを予めお断りしておきます。
〜午前〜
米露対抗戦サバゲー
・米露とも2グループに分けて、合計4グループで行います。
 米軍(A)対ロシア軍(A)でゲームをやっている間、米軍(B)とロシア軍(B)は休憩、という具合です。
 フィールドはけっこう広いですが、通常トレンチの定例会では40人を定員としていることを鑑みての設定です。
 また、交流や装備の準備時間を設ける意図も含みますので、休憩時間を有効に使ってください。
・弾数はリアルカウント
 各自の使用するマガジンに応じたリアルカウントの弾数を装填してください。
 LMGを持ち込む方には、200発入りの小袋を配布します。
 多弾マガジンしかないという方も30発だけ入れてゼンマイを巻いてください。
 厳密にカウントするのは難しいですが、だいたいでもいいので守ってください。
 弾切れの場合はゲーム終了のコールまで逃げるなり隠れるなり、あるいは弾切れを悟らせずに牽制するのも戦略です。
 但し、空撃ちは雰囲気が台無しですのでやめてください。
・シールド使用可
 シールドへの着弾はヒットとしませんが、シールド使用者は特にヒット判定は自分に厳しくお願いします。
 え?ズルい?
 横へ回り込むなり戦略でカバーしてください。
 はみ出ている身体や装具等に着弾すればもちろん即ヒットです。
・その他の詳細については当日ご案内します。
〜午後〜
フリーマーケットや写真撮影会と並行して、希望者参加型でミニゲームやシューティングゲームを行います。
・シューティングゲーム
 参加希望者数により3人のグループを作ってもらいます。
 1人5個の標的を倒したら次の人に交代します。
 これを繰り返し全部の標的を倒すまでの時間を競います。
・ミニゲーム
 人数を非対称で構成したりします。
 詳細については当日ご案内します。

わりとざっくりしたイベントですが、くれぐれも次の事項については厳守をお願いします。
・エアソフトガンの初速やBB弾の種類等はトレンチの規定に従っていただきます。
・ヒット判定も同じくフィールド規定に準じますが、「自分に厳しく」でお願いします。
・いかなる負傷についても自己責任でお願いします。
 規定内の初速でも当たり方によっては歯が折れたり失明の危険があります。
 撮影時間は別に設けますので、必ずゲーム中はゴーグル(必須)、フェイスマスクやシュマグ等(推奨)で怪我の予防に努めてください。
 また、被弾に伴う怪我の他、悪天候により足場が悪いことが予想されます。
 転倒や落下等に伴う怪我にもくれぐれもご注意ください。
 主催者やフィールドは、簡単な消毒や絆創膏の提供の他は119への連絡くらいしか出来ません。
・揉め事等トラブルを起こさないよう配意願います。
 主催者やフィールドはいかなる紛争にも一切介入しませんが、場合によっては当事者に退場をお願いします。
 あくまでも当事者間で穏便に解決を図ってください。
・金品の管理については自己責任で厳重にお願いします。
 紛失や盗難に関して、主催者やフィールドは一切の責任を負いません。

ルールとマナーを守って、参加者みんなで楽しい交流会にしましょう。


  

2016年09月18日

米露決戦Ⅱお知らせその3〜当日の出店・フリマ・タイムテーブルについて

10/9(日)に予定しております米露決戦Ⅱ、楽しみにしてくださっている方がたくさんいらっしゃるようで嬉しいです。





今回のインフォメーションでは、出店・フリマと、当日の大まかな時間割についてご案内します。

1)出店・フリマ等について
当日出店してくれるショップは次の3店に決まりました。
・ADDICT
・ミリタリーサポート
・明日香縫製
フリーマーケットについてですが、今回はスペースを前回より広く取る予定ですので沢山出品OKです。
ちなみに、フリーマーケットはflea market(蚤の市)です。FREE MARKETでもないし、Fleaも来ませんので悪しからず。


前回のロシア勢の出品物は、物量、クオリティ、レアリティいずれにおいても、ショットショー等のミリタリー物販イベントに匹敵するかあるいは超えるとすら思えるほどでした。
きっと掘り出し物が見つかります(知らんけど)ので、当日はエントリー代だけ持ってくるなんてこと言わずに、財布には余分にタマを込めてきましょうwww
私もアメリカ勢向けに何かポーチとか、コンバットシャツとかあれば持って行きます。

2)当日のタイムテーブルについて
大雑把にですが、時間割を決めました。
・0830〜開場
  各自準備
  随時レギュレーションチェック
・0930〜フィールド説明
・1000〜米露対抗戦ゲーム
・1200〜昼休み
  フリマ開始
・1300〜シューティングゲーム
  様子を見てミニゲーム(希望者のみ)
・1700〜閉店

※とても大勢の方が参加されます。当日のスムーズな進行のため、各自の準備やレギュレーションチェックは手際よくお願いします。
 フィールド説明等全員の移動を伴う説明もあります。どうか運営の指示に従って頂ますようよろしくお願いします。
 マナーを守って楽しい一日になりますようご協力をお願いします。
  

2016年09月05日

米露決戦Ⅱ記念パッチのご案内というか宣伝

レーザーカッティングのナイロンパッチを始め、パッチ商品で人気を博するADDICTが、米露決戦Ⅱ記念パッチを企画してくれました。
前回同様、ショップブースにも出店予定です。

パッチの仕様は次のようになります。




・IRタイプ(可視光線も反射します)
・90mm×50mm
・BK,RG,CB,MC,MCBK,AOR1,AOR2
・裏面ベルクロ仕様

カラーはBK、RG、CB、MC、MCBK、AOR1、AOR2から選べます。
上の画像は試作品で、左からAOR1、BK、MCです。

販売方法は予約販売分と当日販売分があります、予約販売価格は2,000円で当日販売分は2,500円となります。
予約期間は、9月5日~19日までとなっています。

なお、当日販売分はBK、RG、CBのみとし、迷彩タイプは予定していないとのことです。迷彩柄を希望される方はご注意ください。

ご予約方法
①【patch-production@addict-tac.jp】にメール
②予約名、ナイロンの種類、枚数を記入
 例(タナカ タロウ MC、AOR1 各1枚)
③予約完了メールを受信して予約完了
④代金はイベント当日ADDICTのブースで商品と引換にお支払い願います。

ご不明な点があれば、【patch-production@addict-tac.jp】にお問い合わせ下さい。

値段は材料費や工数のコスト面を考慮した上で出来る限り低く設定してくれています。
ワタクシを含め、主催者、関係者へのバックマージン等も当然ながらありません。
あくまでもイベントを盛り上げるためにADDICTさんが企画してくれたパッチですのでよろしくお願いします。

  

2016年08月21日

米露決戦Ⅱ お知らせその2〜エントリーについて

米露決戦Ⅱ おしらせその2です。
今回はエントリー方法についてご案内します。

エントリー開始は、9月1日(木)の19時〜となります。
TRENCHの通常のエントリーと同様、メールでのエントリーとなります。
TRENCHブログ内の、ゲーム開催日・予約フォームよりお願いします。
その際、米軍、ロシア軍のどちらサイドで参加を希望するかを明記してください。
受付開始期日より前のエントリーは無効ですのでご注意ください。

定員は80名(米軍40名、露軍40名)です。
前回はエントリー開始早々に定員に達してしまいましたので、今回は少し増やしました。

参加費は一律3500円です。

皆さまのエントリーお待ちしております。